スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2017年03月25日

メリットが沢山あるカーフィルム

カーフィルムを貼っている車にどんなイメージをお持ちですか?人によって捉え方が違いますが、カーフィルムはそもそも何の為に貼るのか?を筆頭に色々な視点でご紹介します。

1.断熱効果があります。太陽の光で車内の温度は高くなりますが、断熱フィルムを貼ることで温度を抑える事ができます。
2.プライバシーを保護します。
車内の中を見せたくない。車内に貴重品を置く。クルマの中でリラックスしたい。自分だけの空間で休みたいなど。
3.ファッション性があります。
フィルムの色や濃さによって車の印象が変わります。見た目にこだわりたいなど。
4.事故の衝撃で、窓ガラスが割れた時に、飛び散らないようにします。

【知っておく事】
フロントガラスと運転席と助手席は、可視光透過率70%以上と法律で定められています。

【フィルム貼りについて】
自分で貼ると大幅に費用が抑えられます。しかし、気泡が入ったり、剥がれやすかったり、曲面が難しいなどデメリットもあります。自分で貼る場合はコツがあります。
1.リアガラスにフィルムを貼る際は、3枚から4枚に分けて貼りますが、乾いていないとずれやすいので完全に乾いてから貼るようにして下さい。
2.曲面部分を切る時は、丸い物を定規代わりに使う。例えばCDなど
3.ウィンドースッテカーを貼ることでリアフィルムの上面を合わせて切らなくて済みます。

【気温が高い状況では貼らない】
フィルムに吹き付けた水が乾いてしまうからです。乾いてしまうと気泡が抜けなくなります。日陰や涼しい時間帯に貼る工夫をして下さい。

【フィルムの取り扱いに気を配る】  
1.風の影響を受けるとフィルムの型取りが難しくなります。またゴミが入ってしまいます。
2.踏んで汚れたり、折れる事が無いように、貼るフィルムだけ用意して貼らないフィルムは保管して置く。

【フィルムの裏表が分からないとき】
フィルムの使わない部分にカッターで軽く線を入れると、透明セロファンだけを切る事ができるのでその方法で判断できます。

カーフィルムについてご紹介させて頂きました。
カーフィルムに慣れていない方は、夜間は少し見えにくくなるので気をつけて下さい。  


Posted by うさちゃん at 16:15車・バイク

2017年03月03日

シャトルシェフを買ってみました。

シャトルシェフ、以前から欲しいなと思っていました。
シャトルシェフとは調理器具の一種で、ステンレスのお鍋とそれがすぽっと入る保温容器のセットです。煮込み料理など、鍋を火にかけっぱなしにせずに済むのでガス代の節約になるかなーと思う一方、結構大きいので(お鍋の大きさはいろいろありますが、なんせお鍋が入る大きさの保温容器なので)、出すのが面倒になり大して使わず邪魔な存在になってしまうのでは…と心配な気持ちもありました。

そうこうしているうちに年末になり、ネットのサイトを見ていたら送料無料しかもポイントで還元など、今まで見てきた中でもかなりお安くなっており、ボーナスも入ったしな・・・と思わず買い物カゴへ。とうとう我が家のモノになりました。

で、しばらく経ってみてどうかというと…これ、すごーくいいです!
特に冬!おでんを作りたいなと思う時、朝のうちに卵や大根など味がしみこみにくいものだけ煮込んで保温、仕事から帰ってきてはんぺんや餅入り巾着などいれてあっという間に出来上がり!
あるいは、ごろっとしたお肉と野菜を煮込んでおいて帰ってからルーだけ足してカレーやシチュー、野菜煮ておいて豚肉だけ後で入れて豚汁など。
帰ってからお鍋を取り出してもかなり熱々で、野菜もよく火が通っていて、しかも煮詰まらず煮崩れてもいません。すばらしい。

仕事中「今晩のごはんどうしようかな」と考えるのがいつも億劫でしたが、「今日はシャトルシェフに作ってあるから」と献立を考えずにすむのって気分が全然違います。
また、仕事帰り疲れて買い物に行くと「今日は出来合いのお惣菜にしちゃおう」と揚げ物中心になってしまったり、甘いものなど買わなくていいものまで買ってしまっていました。
買い物がないってこんなにラクなんだと目からウロコな気持ちです。今まで当たり前すぎて気が付きませんでした。

さらに、車に積めば持ち運べない大きさでもないので、先日は「ミートボールを入れたシチュー」を作り、こぼれないように段ボールに入れてドライブに行きました。途中で見つけたパン屋さんで家族それぞれパンを買い、温かいシチューと一緒にランチ。外食よりずっと安くすみ、温かい食事で満足でした。

製造している会社のサイトには、シャトルシェフを使った本当にさまざまな料理のレシピが載っています。
煮込み料理ばかりでしょ?と思っていたら「沖縄風炊き込みおこわ」なども。ご飯ものも作れるとはびっくりです。
今度やってみよう!せっかく買ったのだから活用しないと。
  


Posted by うさちゃん at 09:35ライフスタイル