2016年02月28日

AT車が主流になり、MT車が消えていく

僕はMT車が消えていくことをなぜか悲しく思います。
確かにMT車はシフトチェンジ、クラッチの操作など運転する上で面倒であったり、最初の内は難しい事が多いかもしれません。
しかしその反面、MT車は押しがけと呼ばれる特別な方法でエンジンをかける事ができたり、操作がわからない人間にはそもそも動かすことができない(事故防止)という長所があります。
MT車には車を運転するという楽しみがあり、また操作に一度慣れてしまえばその気がない時には無意識に手足を動かし、気楽に運転することもできるのです。

僕は何よりもMT車が廃れていく原因として思うのは、やはり新しく車を運転し始める人達の事です。
やはり運転し始めの人からするとMTは地獄のような乗り物だと思います。
あえてMT者を選ぶのは相当なマニアか、すでに乗る車があり、それがMT車だと言う場合だけでしょう。
それでも中には途中でMT車を断念し、AT免許に切り替えて講習を受ける人もいるほどです。
しかしそれはMT車の事を、頭で理解していないからそうなるのだと僕は思います。
なぜ、シフトチェンジをする必要があるのか、クラッチとは何か、という事を最初の内はしっかり頭に叩き込んでおかなければなりません。
慣れてくるとそんな物はなくても自然と運転することができますが、最初の内は必要な事だと思います。
そこまでするならATにするよ、と一般的な人は思うかもしれません。
それでも僕はMTで免許をとりました。
それは子供じみた「優越感」を得たいからという理由からでしたが、車に乗っているうちにそんな事はどうでもよくなりました。
とにかくMT車にはロマンがあります。

苦労してでも車にロマンを感じたいという人には、ぜひMT車をお勧めしたいと思います。

  


Posted by うさちゃん at 18:35

2016年02月27日

廃車の会社を創業年数で選ぶ

専門業者に何かを依頼するとなると、しばしば実績がポイントになります。一定以上の実績があるか否かにより、お得度なども異なってくるからで
す。
そもそも業者の信頼度などは、創業年数の長さに左右される傾向があります。一般的に年数が長い業者の方は、ノウハウの蓄積量も多いのですね。
ところでそのノウハウは、廃車とは非常に大きな関係があります。なぜなら業者選びに大きく関わってくるからです。

そもそも、その車に関する手続きを行ってくれる業者も、沢山見られます。それぞれの業者によってサービスの内容を異なる訳ですが、やはりお得度などに関する違いは色々あるのですね。かなりお得な会社も見られますし、スピーディーな業者など様々なのです。
もちろんその車に関する手続きを行うとなると、できるだけクオリティーが高いサービスを提供してくれる業者が良いでしょう。その際には、前述
の年数が大きく関わってくるのです。

そもそも創業年数が長い業者の場合は、車の処分に関する様々なノウハウが蓄積されている傾向があります。10年以上も事業を営んでいる業者の場合は、かなり手続きがスムーズな事も多いのです。知識が非常に豊富だからです。またノウハウが多い業者の場合は、還付料金などもお得になるケースが見られます。

つまり廃車の業者を選ぶ時には、創業年数に着目をしてみると良い訳ですね。基本的には、その年数が長い業者に手続きを依頼するのが望ましいでしょう。
  


Posted by うさちゃん at 18:30

2016年02月06日

ドキドキハラハラの心理について

私と旦那は、恋愛結婚です。

お見合いじゃなくて、しっかり恋愛して結婚したことが、それなりの自慢ではあります。

 

旦那はスリムで長身で、スタイルがいいので、そこが気に入ったのですが、今現在も、スリムな体型を維持しているので、うれしいです。

 

旦那に、昔の話を聞いたことがあります。

私と付き合う前の話です。

 

その時に、面白いことを聞きました。

旦那が会社で失敗をしてしまったことがあるそうです。

その時に、ドキドキして上司に誤りに行かなきゃいけない時に、ふと、同僚の女性から、励ましの言葉をかけてもらったそうです。

その女性のことは、好きでもなんでもなかったのですが、上司に怒られるという、心理的にドキドキしているときに、優しい言葉をかけられたので、少し好きになってしまったことがあるそうです。

 

私は、この心理状態のことがよく分かります。

人間は、ドキドキハラハラした時の気持ちを、性的なドキドキハラハラに置き換えることがあるのです。

 

その人と結婚せずに、私と結婚してくれたので、良かったですけど。  


Posted by うさちゃん at 15:04

2016年02月03日

ヘルニアの治療はどこで行うべきか?

周りを見回すと、椎間板ヘルニアに悩まされている人は思ったよりもたくさんいるものです。

例えば腰椎の椎間板ヘルニアの場合、腰痛や坐骨神経痛などで病院に行ったときに、医師からヘルニアの診断が下りると思います。

MRIやレントゲンなどを使った画像診断とそれ以外の所見を加えて判断するのだと思います。

つまり、ヘルニアという判断ができるのは病院の医師になります。

ですが手術をしないで良い程度のヘルニアの治療に関しては病院の整形外科などでは保存療法という名の治療しか行われません。

保存療法などというと立派に聞こえますが、要はシップなどで自然に治るまで待とうねというスタンスのようです。

ですから、患者の中にはもっと積極的な治療を求めて整骨院や整体やカイロプラクティックなどに通う人もいます。

ヘルニアの治療としてどれがベストかは一概には言えません。

ですが、中にはこうした所に行って施術を受けたら、かえって悪化したという話も聞きます。

そうならないようにするために口コミ情報なども重視して腕の良い施術をしてもらえるところを選びましょう。

また、椎間板ヘルニアの治療にはある程度の期間が必要だという点も認識しておいたほうが良いかもしれません。  


Posted by うさちゃん at 17:04